示談交渉の相手は加害者が加入する保険会社

困り顔示談交渉の相手は、加害者ではなく加害者が加入する自動車保険会社です。被害者が弁護士を雇った場合、弁護士に一任するように加害者も被害者とのやり取りは保険会社に任せる人が多いのです。相手が保険会社である以上、ビジネスとして「利益」をあげようとしてきます。つまり、被害者に支払う慰謝料や賠償金をどうやって減らしていくかを考えているのです。

基本的に保険会社の人間は交渉に長けた人物が選ばれます。相手に主導権を持たせず、ひどい人の中には被害者の主張を一切聞かない人もいるのです。分かりやすく言えば、保険会社の人は押しが強い人ばかりです。そのため、気づけば示談成立にまで話を持っていかれていたというケースもあるので注意してください。

弁護士に依頼すれば、相手の主張を聞きながらも被害者側の主張もしっかり行ってくれるので、いつの間にか示談成立になっていたという状態はありません。被害者は「保険会社が言うのだから正しい」という考えを持ちがちですが、実際は違います。保険会社だからこそ、自社の利益を上げるために被害者に損をさせようというやり方なのです。こういったやり方に対応するためには、専門知識を持つ弁護士に相談しましょう。