交通事故時の示談交渉は話し合いによる和解

車とお金。しかし、加害者側の保険会社もお金が出て行くので、円満に話し合いだけで和解出来るのはごく一部の人たちだけです。実際の示談交渉はスムーズに進まず、被害者と加害者側の保険会社がお互いの主張をして、どこで譲歩するかがポイントです。

保険会社とのやり取りは、被害者だけで示談交渉をすると本人が気づかないまま慰謝料や賠償金で損をする可能性があります。保険会社も巧みな話術を使って、被害者が損をしていると思わせないように話を進めます。そのため、本来であれば500万の賠償金を請求出来るのに半額の250万円だったというケースも珍しくありません。示談交渉のためのポイントは、最初の提示額で納得しないことです。基本的に保険会社は提示金額を何段階か用意しています。最初で納得してもらえなければ、何度か話して次の段階、更に次の段階とするのです。そのため、最初の提示額で納得すると相手の保険会社を喜ばせるだけなので絶対に受け付けないでください。

話し合いが基本と言われる示談交渉ですが、慣れていない人には難しいものがあります。そのため、交通事故に強い弁護士に依頼をして代理人になってもらうのが理想的です。交通事故案件を多く扱って来た弁護士であれば、保険会社のパターンなども見抜いているので被害者に損をさせることはありません。話し合いで和解をするからこそ、弁護士は必要不可欠と言っても過言ではないのです。