示談交渉開始のポイントについて

保険屋さん示談交渉のポイントは、相手のペースに流されないことです。自分のペースを保ちつつ、しっかりと自己主張をすることです。保険会社は全員ではありませんが、早く示談成立させたい人ほど早口な傾向があります。早口に対抗する必要はなく、ゆっくりと話すことで相手のペースに巻き込まれずに済みます。

弁護士が保険会社との示談交渉を上手くする理由として、自分のペースを崩さないからです。ゆっくり、そしてはっきりと自分の主張をします。ゆっくりと話すことで保険会社の人を自分ペースに巻き込むタイプの弁護士もます。交通事故に強い弁護士は、それぞれのやり方を確立させている人が多いのです。

保険会社の十八番と言っても過言ではないのが「提示金額の限界」について言うことです。実際は、現在話している人の権限で出せる金額という意味なので裁判を起こすことでかなり増額出来ることが多いのです。弁護士を頼んでも意味がないという保険会社もいますが、それは暗に「弁護士を出されたら困る」という意味でもあります。保険会社の言葉に惑わされず、言いなりにならないようにしましょう。示談交渉の成功のポイントとして、一番良いのは話術に長けた弁護士を雇うことです。これに勝るコツやポイントはないのではないでしょうか。

〈関連HP〉弁護士法人アディーレ│交通事故示談交渉

示談交渉の相手は加害者が加入する保険会社

困り顔示談交渉の相手は、加害者ではなく加害者が加入する自動車保険会社です。被害者が弁護士を雇った場合、弁護士に一任するように加害者も被害者とのやり取りは保険会社に任せる人が多いのです。相手が保険会社である以上、ビジネスとして「利益」をあげようとしてきます。つまり、被害者に支払う慰謝料や賠償金をどうやって減らしていくかを考えているのです。

基本的に保険会社の人間は交渉に長けた人物が選ばれます。相手に主導権を持たせず、ひどい人の中には被害者の主張を一切聞かない人もいるのです。分かりやすく言えば、保険会社の人は押しが強い人ばかりです。そのため、気づけば示談成立にまで話を持っていかれていたというケースもあるので注意してください。

弁護士に依頼すれば、相手の主張を聞きながらも被害者側の主張もしっかり行ってくれるので、いつの間にか示談成立になっていたという状態はありません。被害者は「保険会社が言うのだから正しい」という考えを持ちがちですが、実際は違います。保険会社だからこそ、自社の利益を上げるために被害者に損をさせようというやり方なのです。こういったやり方に対応するためには、専門知識を持つ弁護士に相談しましょう。

交通事故時の示談交渉は話し合いによる和解

車とお金。しかし、加害者側の保険会社もお金が出て行くので、円満に話し合いだけで和解出来るのはごく一部の人たちだけです。実際の示談交渉はスムーズに進まず、被害者と加害者側の保険会社がお互いの主張をして、どこで譲歩するかがポイントです。

保険会社とのやり取りは、被害者だけで示談交渉をすると本人が気づかないまま慰謝料や賠償金で損をする可能性があります。保険会社も巧みな話術を使って、被害者が損をしていると思わせないように話を進めます。そのため、本来であれば500万の賠償金を請求出来るのに半額の250万円だったというケースも珍しくありません。示談交渉のためのポイントは、最初の提示額で納得しないことです。基本的に保険会社は提示金額を何段階か用意しています。最初で納得してもらえなければ、何度か話して次の段階、更に次の段階とするのです。そのため、最初の提示額で納得すると相手の保険会社を喜ばせるだけなので絶対に受け付けないでください。

話し合いが基本と言われる示談交渉ですが、慣れていない人には難しいものがあります。そのため、交通事故に強い弁護士に依頼をして代理人になってもらうのが理想的です。交通事故案件を多く扱って来た弁護士であれば、保険会社のパターンなども見抜いているので被害者に損をさせることはありません。話し合いで和解をするからこそ、弁護士は必要不可欠と言っても過言ではないのです。